Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

おもみづけ

何が重要で何が重要じゃないか。

 

会議に遅れそうだから線路に飛び出す。

招致のために3億払う。

オークションで美術品買う。

 

当人にとっては重要な理由があるらしいが、

周りのヒトにとっては理解し難い

 

ハインツのジレンマなんかが出てくるが、

こちらよりもこちらのほうが重要である。

というのはどう決めるのか。

 

こちらには、これとこれとこれのメリットがある

同時にこれこれこれのデメリットがある

 

こちらには、これこれこれのメリットがある。

同時にこれのデメリットがある。

 

それぞれに書き出すことはできるが、

それではその一つ一つのメリット・デメリットの重さはどう測るのか。

 

定量的に測れるものならそれで良いが、

測れないものもあるように思う。

 

地球と命はどちらが重いか

地球がないと今のところ命はないが、

地球のためなら命を投げ売っていいのか。

 

地球のためといいつつ、実際には人間のためであるところが大きいが、

その他の動物にも影響をあたえるところ大きい

 

植物と動物の命はどちらが重いか

ヒトとその他の動物の命はどちらが重いか

 

科学と宗教はどちらが重いか

数学と物理はどちらが重いか

倫理と道徳はどちらが重いか

iPhoneとゼンフォンはどちらが重いか

 

目的がなければ決められないことも多い

 

人類のために、そのヒトのために、地球のために、

日本のために、東京のために、家族のために、

 

そこでもう一度重みづけが出てくる。

人類にとっては宗教が重いが日本にとっては科学が重い

 

とかいう意見が出てきた場合。

日本を軽く見て良いのか、人類に寄り添うべきなのか。

 

そこでマイノリティの問題が出てくる。

その他大勢ためになる、そのヒトに害になること

 

パーフェクトに全人類全世界にとって重いかどうかを

判断できることは本当に一握り。

 

私はこう思う。俺はこう思う。

というのはその人の考えていることで、

ケチのつけようがない。

 

何らかの指摘をして、考えが改まることもあるかもしれないが、

考えが変わるかどうかもその人次第だ。

 

自分の考えとヒトの考えの重さを平等にはかれることは大事かもしれない。

 

 

Remove all ads