○○は××

 

殆どのことは○○は××

という、主語と述語のようなもので表すようになっている

 

というこの構造はなぜなのか。

 

英語にも中国語にも、何らかの主語のようなものがあって、

それをが何であるか、という述語のようなものがある。

 

タイム・イズ・マネー 時は金なり 一刻千金

 

どんな言葉の地域にうまれてもそんな感覚が身につくのが人間のさがなのか。

Cでもアセンブリでもオブジェクトでもなんかがあって、

それがどうするかを書く

 

何かがあって、それが何かを説明する

というこの形態自体に、

違う形はないのだろうか。

 

言葉にするからそうなってしまうのではないか。

絵だったら、

音だったら、

 

ピカソの絵を見て、

ああ、これは××だな とか、

モーツァルトを聞いて

ああ、これって××だな とか、

 

言葉に置き換えることはできるけれど、

実は言葉ではすくい取れていない何かが存在するように思う。

 

私が言葉を使ってるから、今ある枠組みで捉えようとするから、
全くその域から出ることはできない

 

しかし、本能とも呼ぶべき場所には、

言葉なしにそれを感知しているのではないか

 

視覚は電磁波、聴覚は音波、味覚・嗅覚は化学物質、触覚は摩擦や硬さを

それぞれ電気的な信号に乗せて脳に送っているが、

 

それらを統括するシステムとしての

ヒトの意識や無意識の中には、

今ある言葉のようなものでは表せないようなものがあるように思える。

 

なんだかそういう、しっかり表せないものに会った時に、

比喩とか使って知ったような気分になる。

 

 

目の見えないヒトに空の青さをどう伝えればよいのか、

盲ろう者に、モーツァルトの素晴らしさをどう伝えればよいのか、

 

 

 

ネットが発達して、何でも情報が手に入る時代で、

本当に学ぶべきは、こんなことばにならないことの中にあるように思う

Remove all ads

語感のしっくりくるしっくりこないの違いはなんなのか

「まさお」っぽい顔してるから「まさお」とあだ名のついた友達がいる。

今では本人の名前が忘れられてしまうくらいに浸透している。

ところで「まさお」っぽい顔ってなんなのか

人生の中ですでに「まさお」という人物に会っているのであれば、
その人なりの「まさお」っぽさというのが形成されていて、
その人物と重なる部分を感じたなら、「まさおっぽい」というしっくりくる感を感じてもなんら不思議ではないけど、

「まさお」という人物にあっていないにもかかわらず、

その人が「まさおっぽい」という感覚がしっくりくるのはなぜなのか。

 

「まさお」という音から漢字を連想して、そこからイメージをふくらませることもできる。正雄、政男、昌夫、真佐夫、、、全国のまさおさん、勝手に名前お借りしてます。

しかし、「まさおっぽいかどうか」を一瞬で判断する際に、一々漢字に当てはめて考えているかといえば、おそらく殆どの人がNOというはず。Masaoという音自体にそれぞれの人が無意識に抱いているイメージがあるのかもしれない。

 

スピッツの「ロビンソン」という有名な曲がある。

曲名の由来はご存知だろうか。

Wikipediaによれば、タイでみた百貨店の名前だそうだ。

そして曲の歌詞とは何ら関係ないそうだ。

 

しかし殆どの人が、由来に疑問を持つことさえあれ、

語感にそれほどの違和感を感じていないのではなかろうか。

適当につけたはずなのに、ロビンソンはロビンソンっぽい。

ちなみにその百貨店はロビンソンという姓から来ているらしい。

 

しかしもって、ロビンソンがロビンソンぽいというのは、

ロビンソンというタイトルでもって、その曲を公開していたからであって、

その曲を聞いた時に「ああ、これがロビンソンか」と

ロビンソンを聞いたことによって「ロビンソン」っぽさを刷り込まれた可能性もあるのではないか。

 

さきの、まさおについても、あらかじめ「まさおっぽいとはどういうことか」

を無意識的にもっていたわけではなくて、

まさお(仮名)を見てたまたま「まさお」という名詞を思いついて、

まさお(仮名)を「まさお」と命名してみようという心の反応が起きて、

あとから、「ああ、まさおはまさおっぽいな」という感覚が芽生えて、

「まさおはまさおっぽいからまさおと命名したのだ」という理由付けがあとからついてくるものなのではないか。

と考えられなくもない。

 

 

タイトルとは離れてしまったが、

実際のしっくりくるかしっくりこないかのジャッジよりも、

まさお(仮名)を見て不意に湧いてきた「まさお」という単語に

「まさお」という語感にはまさお(仮名)が纏っている雰囲気を表現するに足ることにしよう。

という逆転の回路があるように思えてならない。

 

しかも、この感覚は、この他のあらゆるジャッジにも共通する。

お腹すいたなー 食べよう ではなくて

食べよう 今はお腹が空いてることにしよう

 

眠いなー 会社行きたくないなー ではなくて

会社行きたくない 今は特別に眠いからということにしよう

 

まさおっぽいなー まさおといえばこんな感じ ではなくて

まさおといえばこんな感じ まさおっぽいことにしよう

 

ロビンソンっぽいなー ロビンソンといえばこれ じゃなくて

ロビンソンといえばこれ ロビンソンっぽいなー

 

帰納的じゃなくて、演繹的に○○という事象について

理由をつけている気がする。

 

 

とは言ったものの、

この記事自体も、

○○っぽい気がする やっぱり○○っぽい

というよりも、

○○っぽいことにしよう 理由探したろー

という流れで書いている。

 

実際には、オノマトペを研究してる人もいるので、

語感自体にしっくりくるしっくりこないというのも

人あるいはそれぞれの国の人に共通しているものもある

という部分もあるでしょう。

 

一方で、予め自身で結果を決めてしまって

その理由探しをしているのに、

理由があるからその結果が現れるように解釈してしまっているような

思考のメカニズムも存在するように思います。

 

でもやっぱりやっぱり

山本リンダを知らなくても、THE BLUE HEARTSリンダリンダ

リンダリンダ感はやっぱりリンダリンダっぽいって感じがします。

疑問はどうして生まれるのか

 

疑問が浮かんだ

 

「疑問はどうして生まれるものなのか?」

という疑問だ。

 

 

幼稚園児くらいの時期に、

質問期というものがあるそうだ。

パパに「どうして?」と聞くと

それはね○○だからだよ と答えてくくれる。さらに

「どうして?」と聞くと

それはね○○だからだよ

・・・どうして? ーうーんどうしてもだよ

 

と、お父さんが困るまで続けることができる。

この時期は、「どうして」という言葉の使い方を試しているのだ。

 

と、児童心理の人は言うそうだ。

 

「どうして」という言葉の使い方を知るやいなや

その聞いている相手を困らせるまで使い続けて、

「どうやら相手は困っているみたいだ」ということに気づく

 

目の前に「わからないもの」があって、

それに興味を感じた時、疑問は生まれるのではないか。 と思う。

 

こどもはわからないことを周りの人に聞いてみる。

すると、答えが返ってくる。

 

時に、「そんなことも知らないのか」と言われる。

 

聞くは一時の・・と言うが、

 

どうやら、何かを知っていることと、それを誰かが知らないことに対して、

人は優越感のようなものを感じるらしい。

あるいわ、誰かが知っていることを自分が知らないことに、

劣等感のようなものを感じるのかもしれない。

 

自分の知っていること、知らないこと、人の知っていること、知らないこと

にたくさん触れるうちに、「知ったかぶり」を覚える。

 

新聞を読む時も、ニュースを見る時も、人と会話をするときも、

100%内容を理解しているはずがなく、

何か知らないことを補完しながら進めて行きますが、

 

そこで建てた予想が、当たっているか外れているか、

確認しないまま進んでいくことに慣れると、

 

疑問が生まれなくなる。

 

 

生きる力ダー

問題解決能力ダー

 

などと言いますが、

問題を発見することこそ大きな意味がある

と誰かが言っていた。

 

何らかの疑問を持つこと、

そのためには、当人が対象について、

①興味をもつこと

②知ったかぶりをしないこと

 

の条件がそろう必要がある。

 

ように思う

 

 

 

 

 

ところで、人が興味をもつのはなぜなのか、

 

疑問は尽きない